クローン病との共生
クローン病に痛めつけられたり、解放されたりの奮闘記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絶体絶命
ラリー中のコースに一匹のわんこが迷い込んだ

後ろからは爆音を響かせながらラリーマシンがやって来ようとしてます

そして、ラリーマシンが現れた瞬間、誰もがわんこが轢かれると思い目を伏せた

きゃあぁぁぁぁぁー



ショッキングな映像が流れます






な〜んてね

わんこは無事で元気に走っています


いや~驚きました

運良くジャンピングスポットでわんこを飛び越えていくとは

まさにミラクル

観客もドライバーもホッとしたことでしょう

肝心のわんこのほうは、何が起こったのか理解したのでしょうかね




さて、来年WRCに再びトヨタが戻ってくる

もうすぐですね~

楽しみです


スポンサーサイト


やっぱり凄え
今年の夏は確かに暑かったけど、去年とは違い、最近朝晩涼しなってきて過ごしやすいですな

そのかわり今年の冬は寒くなるという話だ

あ~寒いの嫌だ嫌だ



で、今週、台風の中、通院日だったので市内の病院までひとっ走り行ってきた

台風の影響で、行きがどえらい雨に見舞われ、行くのやめようかなと一瞬思ったが、特定疾患の更新手続きが控えているのでなんとか行ってきた

その雨のおかげか、駐車場も病院も空いとる空いとる

はじめてちゃうかな、着いてから1時間ちょいで帰れたの

今回も特に何にもなかったんでよかった

CRPは0.01
栄養状態は正常範囲の下限ギリギリだが、腸の栄養吸収は悪くなさそうだ



しかし今回、持病のことよりも、流行してるはしかのことが気になった

子供の時、はしかにかかったのか予防接種したのか全然覚えてない

確実なのは、血液検査で分かるらしいのだが、完全にど忘れしとって、先生に言うの忘れた

泣けるぜ




泣けるといえば全米オープンテニス

残念やなぁ

悔しいの一言




も~悔しいんで

車の動画でも観よかな



お~、高速サーキットの富士でGT3 RSが走ってるのを観たかった

ドライバーは清水和夫氏

果たしてその走りは!?





あ~楽しそ~

やっぱり日本のサーキットで、日本のプロドライバーが走らせないとな

お陰でさらに車の良さが分かった


あの独特の動きはホンマ楽しそう

一度運転したら、ハンドル操作するのがやめられないだろうな


でも、100Rでドキッとする挙動が出るのが冷や汗たらり (-_-;)

ラップタイムが1分50秒とか51秒で走るというから、とんでもなく速い


プロをもうならせる991 GT3 RS

欲しい・・・





ところ変わって筑波ではどうか

ドライバーは中谷氏








タイムは、1:00.709

は、速い (*_*)

市販車で1分切れる勢い

さすがは中谷氏




あと、991 GT3も乗りやすそうで速いぞ





こっちも素晴らしい

1:01.342

GT3でも十分速すぎる




最後は、ニューNSX


わたし的には、ほとんど触れないニューNSX

価格が2400万円という凄さだけは知っているが、な~んか関心がないのよね~

凄い車なんだろうけど、心に訴えてくるものがない

ワクワクさせるような何かが


とりあえず、御年76歳のガンさんに走ってもらいましょう





180kmでリミッターが作動

いまいち煮え切らんなぁ

細かい評価はもうちょっと先やね





腸を知って身体のお悩み解決SP
昨日、「腸を知って身体のお悩み解決SP」という番組で、クローン病がとり上げられていた


クローン病とは何か?

消化管、特に小腸、人によっては大腸に、慢性的な炎症や潰瘍を起こす病気である

症状としては、腹痛、腹の張り、下痢、下血、体重減少、倦怠感、肛門部病変などいろいろ


クローン病の原因は、遺伝、食べ物の欧米化、腸内細菌、免疫系異常、いろいろ言われているが、未だ完治する手立てがない難病の一つである


年々クローン病患者が右肩上がりに増えているらしく、2014年の段階で40、885人になっているという

私が17年ほど前にクローン病と診断された時と比べ、ほぼ2倍に増加している

今後このまま増えていったら、いろんな意味で問題だ



せっかくなので、ちょっとだけ私の体験談をしてみよう


多少違うが、私も再現ドラマの患者のような症状から始まった

当時、IT関係の仕事をしていた時に、会社で今まで経験したこともない激腹痛に襲われた

その時はとても仕事出来る状態じゃなかったので、無理言って帰らせてもらったが、車のある駐車場まで痛くて歩くのがやっとだった

今思えば、すぐ近くにあった消防署に駆け込んでもおかしくなかった


なんとか車に乗り込み、1時間ちょっと運転し、家のガレージまで辿り着いた

しかし、痛すぎて車を出ることもできず、1時間ほど車で横になり、意を決して家まで歩いて帰った

その夜、なんとか何時間か寝ることができ、朝起きたらほとんど痛みは引いていた

しかし、それから何日後かの夜中、死んだほうが楽だと思えるほどの腹痛に再度襲われる

何分かのたうち回った後、我慢も限界で、家族に救急車を呼んでもらった


その時の状態は、後で分かることだが、小腸末端部の腹膜炎が激しい腹痛の原因だった

また、救急車が来るまでの間、突然の嘔吐で腸閉塞も起こしていたのだろう

それと、再現ドラマにもあったように、本当に息をするのも辛かったのを覚えている


その後、市内の腸専門の病院まで搬送され、翌日だったかな、開腹手術をされ、小腸末端部分で穿孔性腹膜炎(穴が空いて、穴に食べたものが引っかかていた)を起こしていた腸を10センチほど切り取った


また、入院中に知ったのだが、この病気によくある症状として、肛門部の病変があるということ

それは痔瘻

激しい腹痛に見舞われる前から、肛門の横らへんが疼くことに悩まされていた

その痔瘻が現れた時にはもうクローン病だったんだろう


で、結局退院まで2ヶ月を要した



あれから17年、今年で18年目かな

自分の身体のことをだいたい分かるようになってきた


現在の小腸の狭窄部分がどれくらいあるか

確実なのは、小腸末端部で手術した場所と、おそらく胃の下からそんな下でないところ(食べ物を食べたあとの感覚でだいたい分かる。今はそうめん100g食べただけで腹が苦しい。それで一日事足りる)

他もある可能性は高い


それを承知した上で、何を食べたら腹痛、または腸閉塞を起こさないか

そして、今食べてもいい時期か、食べては行けない時期か

だいたい分かってきた


今食べれるのは、そうめんやうどんのような粉物だけである

その他は怖くて食べれないのが正直なところ

今まで2,3度チャレンジして腸閉塞を起こしたからである


だったら、また普通に食べれるように手術して狭窄部分を切ったらいいではないか

と、思われるが、ここがクローン病のいやらしいところで、悪いところを切ってつなげても、数年後にはまた同じ所に狭窄ができるのである

そのため、腸の殆どを切ってしまったケースもあるので、今はできるだけ切らない、内科的治療を重要視されている


そのためには

クローン病で禁忌とされている食べ物は一切口にしない(酷い狭窄がある場合は、もっと限定される)

エレンタールなどの栄養剤を併用する。または、時期によってはそれのみにする

腸を冷やさない

日々、心身ともにリラックスし、ストレスを溜めない

運動も適度にした方がいいのかな


とにかく、楽しく日々生活することが重要ではないかな


私の人生、あと何十年生きるか分からないが、できればあと1回の手術で済めばいいなと思っている

だから、あと5年、できれば10年今のまま生活できたらいいな



あと昨日の番組で、バルーン拡張術というのを映像として観ることができた

狭窄部分に風船?を入れて膨らませて広げようというわけだ

ただし、年に1回はしないといけないらしい


前の病院で、そういう事ができると聞いて知っていたのだが、いかんせん狭窄部分にカメラが入らないからどうしようもなかった

また、狭窄部分は固く線維化しているようで、下手をする腸が破けてしまうらしいのだ

もしかしたら、できて間もない狭窄ならリスクも少ないのかもしれないな

可能なら、自分も受けてみたい治療方法だ



ということで、年々増えているクローン病患者

良い意味でも悪い意味でも、クローン病という名が世間に知れ渡るのもそう遠い話ではないかもしれない




第46回 市販車の動きをForza4でどこまで再現できるか!?
今回は最終回で、その車は

ポルシェ 918 スパイダー 2013 ヴァイザッハ・パッケージモデル



※おことわり
この回はまだ未完成である
文章、数値は変わる可能性あり


※これはカレラGTがベースの918スパイダーもどきである
また、カレラGTより空力性能が上がってるということで、前後の空力パーツを装着している

918 spyder 2013_0


918 spyder 2013_1


918 spyder 2013_2






●どんな車か?


あのカレラGTの後継と言われ、ポルシェの最新技術を結集したハイブリッドスーパーカーである

そのパフォーマンスは圧倒的
あのニュルブルクリンク北コースのラップタイムは6分57秒
市販車で公式に7分を切った初めての車である
ちなみにカレラGTのタイムは7分32秒で、そこから30秒を短縮した性能からみると、全く別物の車と言える

また、圧倒的な走りを発揮する一方、わずか3Lの燃料で100kmを走行できる省燃費性能も兼ね備えているのである
そう、918スパイダーは究極のスーパーカーであり、究極のエコカーでもあるのだ



そんなパワーを制御するシステムが、ステアリングの右下にあるスイッチ(参考サイトより抜粋)


918 spyder 2013_4


Eパワー(E)

 デフォルトで設定されているモード
 速度150km/hまで、電気モーターのみでのゼロエミッション走行を行う
 フル充電時の航続距離は最長約30km

ハイブリッド(H)

 電気モーターとエンジン/バッテリー充電を組み合わせながら、最大限に燃費を重視したモード

スポーツハイブリッド(S)

 公道における力強い走行を目的としたモード
 エンジンをメインに、モーターが組み合わせられる
 バッテリーの充電は一定レベルで維持される
 このモードは最高速度で真価を発揮する

レースハイブリッド(R)

 トラック走行時に有効なモード
 エンジンは最大限の推進力として生かされ、その余力があるときにバッテリーの再充電を行ってモーター駆動に生かされる
 燃費は考慮されない

ホットラップ

 レースハイブリッドモード時に中央の赤いボタンを押すとこのモードに切り替わる
 エンジン、モーターで生み出された出力はすべて数ラップを高速で走行するために使用される
 再充電は行われないので、バッテリーはすぐに消耗する



主なスペック

 0-100km加速:2.8秒
 最高速度     :340キロオーバー


○パワートレイン
 ・エンジン+モーター 887ps/130kgm
 ・7速PDK
 ・ミッドシップ 43:57
 ・4輪駆動

○ボディ
 ・車両重量
  標準モデル:1674kg
  ヴァイザッハ・パッケージモデル:1634kg
 ・カレラGTを上回る空力特性

○制御系
 ・PAA(ポルシェ・アクティブエアロダイナミクス)
 ・PASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)
 ・PSM?(ポルシェ・スタビリティー・マネジメント)
 ・リア・アクティブステア

○ブレーキ
 ・PCCB(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)

○タイヤ
 ・パイロットスポーツカップ2
 F:265/35R20
 R:325/30R21



そんな918 スパイダーの価格は7690万円

ニュルブルクリンク北コースで6分57秒を記録したヴァイザッハ・パッケージモデルは8450万円

ヴァイザッハ・パッケージは専用のシートやベルトなどを装備し、軽量なカーボンファイバーやマグネシウムを使用した結果、ノーマルの1674kgから1634kgまで軽量化できた
また、空力特性を高めるエアロパーツも装着される

トータル918台限定である



参考動画:








参考サイト:

autoblog : 【試乗記】「まさに10年に一度のクルマ」 ポルシェ「918スパイダー」に乗る(ビデオ付)





●開  発


< *** 開発着手 *** >



実車の仕様 (想像)

○サスペンション設定
 PASM : サーキットではオン

○トランスミッション
 PDK : オート OR 手動

○スタビリティ & トラクションコントロール
 スタビリティコントロール :PSM?
 トラクションコントロール : PSM?

○駆動配分
 アクティブ制御



ゲーム側の設定

 トランスミッション : AT
 SMT(スタビリティコントロール) : オフ
 TCS(トラクションコントロール) : オフ



●ベース車 カレラGTを918 スパイダーにモディファイ


インテークマニホールド/スロットルボディ(レース)
燃料系(レース)
カムシャフト(レース)
バルブ(レース)
ピストン(レース)
オイル/冷却装置(レース)
スプリング・ダンパー(レース)
トランスミッション(レース)
デフ(レース)

フロントバンパー(レース)
リアウィング(レース)

タイヤ・コンパウンド(ノーマル)
タイヤ幅(サイズアップ)
ホイール(HAMANN/Edition Race)
F:265/30-20
R:335/25-21
※リアが325の設定がない


ギヤレシオ

 ファイナル 3.10
 1速 4.98
 2速 2.83
 3速 1.97
 4速 1.51
 5速 1.22
 6速 1.02


以上の結果

パワー 843PS
トルク 772.6N・m
車両重量 1,572kg
前後重量配分 44:56
パワーウェイトレシオ 1.86
実車のパワーウェイトレシオ 1.85

やっぱり車重が軽いな
トルクも劇的に少ない
とりあえずパワーウェイトレシオをあわせ、これでいこう



開発の目標

○サスペンションはスポーツ走行を前提とし、PASMをオンにした設定としたい
車重が1640kgとパワーが800psを超えるモンスターなので、あのニュルブルクリンク北コースの入力を受け止め、吸収できるサスペンションでないといけない
そのためには前後・横方向の動きを抑制して無駄な動きをなくし、タイヤを常に路面に接地させ、フルパワーを余すことなく路面に伝えることである
その結果、乗り心地は2の次になってしまうが、極力突き上げや跳ね、振動を少なくして、スポーツ走行でも乗り心地を悪くさせないよう努力する

サスペンションとしては、固めのスプリングに高い減衰力の組み合わせになるだろう
また、空力との兼ね合いもある
前後の空力パーツは、取り付けただけでも少しだけダウンフォースが発生するが、極力ダウンフォースに頼らずメカニカルグリップを向上させたい
スプリングは高レートになるほどストロークが少なくなるが、そういう状況でも突き上げを吸収し、跳ねを抑え、上下の動きを抑えることで、路面に張り付くような感じで走行する感じかな


現実の場合、サーキットなら必ずしもPASMが有効だとは限らない
開発ドライバーのワルター・ロール氏いわく、荒れた路面、激しいアンジュレーションのニュルブルクリンク北コースでは、PASMを切ったほうが路面の追従性が良いという話もある
しかし、ここでは他のサーキットもあるので、PASMはオンという設定でいきたい
できれば、一般道用の乗り心地のいいサスペンションも開発できればいいのだが・・・

○ゲーム的に、走行時に駆動配分を動的に変えることができない
 ここでは後輪に多くを分配し、4WD特有のアンダーステアを軽減し、リアのトラクションとフロントの安定感を表現したい

○ブレーキフィールは、ペダル操作と制動感にリアルな感じをだしてみたい
 これはどんな車でもそうだが、気持よく走らせる上で重要な事である




< *** 開発日記 *** >




経過割愛




< *** 開発終了 *** >





● 納車されました


実走行しての評価


918 spyder 2013_3



項目    評価(5点満点) 
エンジン        5
サスペンション       4.5
ブレーキフィール       4.5
ハンドリング       4.5
乗り心地       3.5

現時点


●インプレッション





ベンチマーク


918 spyder 2013_5



最終データ

メーカー車 名実車データバネ定数(Kg)ダンパー減衰力 0.3m/s(kgf)レバー比スタビ(mm)トー(度)キャンバー(度)キャスターForzaデータタイヤトー(度)キャンバー(度)キャスタースタビバネ定数車高ダンパー減衰力ダウンフォースBrakeLSDBernese AlpsCamino ViejoCircuit de CatalunyaInfineon RacewayMaple Valley RacewayNürburgring OldTopGear Test TrackSuzuka CircuitTsukuba CircuitTwin Ring Motegi備考
  FR F(伸/縮)R(伸/縮)FR F/RF R F R (度)F<=>/RF R F R (度)F/RF/RF/RFRF/Rバ/圧F(加/減)CR(加/減)Festival CircuitExtreamGrand Prix CircuitLongFullFullFullFullFullFull 
Porsche918 スパイダー 2013              2.0<2.00°.00'0°.40'-0°80'-0°80'5°00'24.6/24.7127/157.6 10.5/6.511.9/7.974/11250/10315/148229/291:46.9442:45.153 1:38.6401.36.0127:36.5101:13.4382:08.8150:58.5362:00.499ブログ第46回




※参考:我が家のレギュレーション・環境





● あとがき


まずはお断り
先日、最後は911 GT3 RS(991)にすると言ったのだが、最後はやっぱりこの車、最速の市販車を仕上げたいなと思ったのだ
911 GT3 RSはいずれまたということで


いや~、しかしムズい

ローパワーな車なら、ある程度雑なサスペンションでもごまかせるのだが(汗)、ここまで高性能な車だとごまかしがきかない
ニュルブルクリンク北コースで開発をしていて、ある程度煮詰まってくると、ある数値を1とかコンマ1変えることで、動きが激変してしまう
低速から高速を含め170を超えるコーナーをいかにバランスさせ、ハンドリング、ブレーキ、乗り心地まで考慮するのは至難の業である
まあ、いつも言うが、それが楽しいんだけどね



最後にあいさつ

Forza6ではようやく918スパイダーに乗れるようになったようやね
うらやましい
ここでは古いForza4でずっとやってきました
古いゲームにかかわらず、長い間のお付き合いありがとうございました┏〇ペコッ

以上を持って、いったんこの企画は終了とします

ではいずれまた




懐かしい人
今年親父さんの一周忌なので、親族が集まって弁当食べてもらうのに、今年はどこで仕出しを頼もうかと家族と相談していた


家族「それやったら去年49日に頼んだところでええやろ」


という感じになった

で、去年もらった仕出しのパンフレットがどっかへ行ったので、もう一回パンフレットをもらいに行くことになった



後日、店まで車をぶ~んと走らせた

店に入ると女性が二人カウンターで立っていた

若い人と年配の方

(去年注文しに来た時は、若い人一人だけだったなぁ)


私 「仕出しのパンフレットもらいたいんですけど」


と言うと、年配の方が対応してくれた

いろいろ聞いて納得したころ


年配の方「場所の方は?」

私 「○○の○○って言います」

年配の方 「あのね、去年、私料理運んで行ったんよ」

私 「え!?・・・あの時の人!?」

年配の方 「○○君よね?」

私 「はい」

年配の方 「幼稚園の先生してました○○です」


私 「・・・思い出すのに脳みそがフル回転しています・・・」


なんとなく思い出してきた・・・


私 「○○先生・・・そう○○先生だ」

私 「そうかぁ、去年弁当持ってきてくれたの先生やったんか~」

私 「そしたら去年、すでに私の事気づいてた?」

先生 「確信はないけど、たぶんそうだと」

私 「は~、あの時言ってくれたらよかったのに~。でも、あんな昔の園児の頃って覚えてるもんですか?」

先生 「覚えてるよ。こうこうでこんな子やった。でね、今日は休んでるけど、同級の○○さんって子一緒に働いてるんよ。知ってるでしょ?」

私 「あらそう~!、もちろん知ってる。でも中学校以降は全く会ってないんで、お互いのこと分からへんのちゃうかなぁ」

先生 「いや、分かる分かる。今度彼女が居てるときにぜひ来たって」

私 「用事もないのに伺うのはあれですけど、分かりました」

そして、ほどなくして店を後にした



と、こんな感じで、大昔の幼稚園児5,6歳の時の先生に会った話でした

正直ね、お顔はほぼ忘れてましたよ

かろうじて覚えていたのは、幼稚園の先生で二人の名前だけ

でも話してるとね、なんとなくこんなお顔だったような気がしたなって思えた


第一あたしは、数年前に偶然出合ったあった小学校の時の女の子の顔をなかなか思い出せなかったくらいやから、記憶力が悪いのかも

長い年月のせいなのか、人が歳を重ねて変わっていくからか

そもそも、皆幼稚園の時の先生の顔を覚えてるものなのか


でも、久しぶりの出会いっていいもんやね

なんかあの頃にもどったような気になるもんなぁ

おそらく先生も一緒で、当時に若返ったことだろう


今度暇そうな頃を見計らって、また店に行ってみようかな

で、先生とゆっくり話ししてみたい


そんな話でした










Copyright © クローン病との共生. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。